宮西Photo

富山本部 生産技術部
生産技術グループ

宮西 謙弥

入社3年目

トップ > 働く先輩たち > 宮西 謙弥

サクラパックスを
選んだ理由と働きつづける理由/

工場を見学する機会があり、その時に段ボールの製造って面白そうと思ったのがサクラパックスにエントリーをするきっかけでした。それからパッケージの役割などを知るにつれ益々興味がわき、サクラパックスの一員としてパッケージの製造に携わりたいという思いから選びました。段ボールは機械の状態や環境の変化などの要因で出来栄えに大きく影響します。それ故に高い技術や知識が必要となります。日々勉強し、より良い製品を高効率且つ安定して提供するため、今後も精進していきます。

宮西Photo

現在の仕事内容/

宮西Photo

私が所属している生産技術部は製造現場の知識が重要なところです。そのため実際に、色々な製造工程で現場の一員として働きながら、日々段ボールの製造について学んでいます。今現在は段ボールシートを製造するコルゲーターという機械で出来上がったシートの品質確認、各納入先への搬送を行っています。また並行しながら機械の修繕や保全、物品購入、生産性向上の為のデータ収集なども行っています。

仕事でのやりがいや喜び/

宮西Photo

今はまだまだ未熟者ですが、先輩にサポートをしていただきながら、仕事を覚えています。その一つとして、簡単な機械の修理を行っています。修理を終え、問題なく機械が稼働しているのを見るとこの上ない達成感を感じ、感謝された時には大きな喜びを感じます。

キャリア

1年目

研修期間は検査室で検品作業。段ボールの良品・不良品の境界・その理由を学びました。
その後、打ち抜き機械であるカートンマスターというマシンにてOJTを行いました。
機械の扱いや危険箇所・作業の重要性などを実地で経験しています。

2年目〜

カートンマスターにてOJTを7月まで継続し1年を通して機械に就く事により各季節ごとの違いを学ぶ事が出来ました。
8月からはパット工場・印刷機の段取りをこなしながらコルゲーターでOJTを行いました。

宮西Photo

メッセージ/

私は大学では化学・生物系の学問を専攻していましたが、段ボール製造に興味を持ち、今現在の仕事につながっています。専攻している学問にとらわれず、やりたいことから就職先を選んで選択するのも良いですよ。

エントリーする